*

転職先で活躍するために

公開日: : 最終更新日:2014/08/07 転職成功に近づくためのワンポイント


30代で転職先が内定してほっと一息、でも入社してから本当の戦いが待っています。どこの会社へ行っても人間関係を良好に保つことは仕事を続けていくことで最も大切なポイントなのですが、基本的な心構えをまとめてみましょう。

・過去の自分のやり方は捨てる
新しい会社の文化を尊重し、新しい仲間に受け入れられ好かれるように行動することが大切です。言われたことはどんなことでも素直に従いましょう。相手側の要求に臨機応変に対応することが求められています。

・挨拶は自分から積極的にしよう
中途入社してきた人は職場の注目の的です。最低でも挨拶は自分から明るく積極的にしたいものです。転職活動期間が長かった人は特に「笑顔が出なくなっている」傾向がありますので、毎朝鏡に向かって「笑顔の自主トレ」をするなりして、多少わざとらしいくらい大げさに元気な笑顔を振りまきましょう。

・飲み会は這ってでも行くこと
コミュニケーションをおろそかにすると社内で自分の席に仕事が回ってこなくなります。コミュニケーション弱者に限って飲み会の誘いを断りがちです。しかし・・・「飲み会の参加費5000円」はまさに将来の自分のキャリアへの投資なのです。飲み会に参加して上司や同僚の楽しく談話するだけで何倍も情報が入ってくるではないですか・・・。飲みだけではなく、プライベートなお誘いも断ったりしないで、にこやかに新しい仲間を築く努力を。

・前の会社の悪口を言わないこと
社内での基本的な信頼関係ができるのは、最低でも1年間くらいかかります。前の会社や上司の悪口を口にすることはタブーです。自分の感情を仕事上のコミュニケーションに出さないことはもちろん、発言内容には十分に注意を払いましょう。あまり他人の悪口ばかり言う人に信頼して仕事を任せる会社は無いのです。

・疑問点は一人で抱え込まない
仕事に慣れるまでは何でも報告・連絡・相談をすることを徹底しましょう。自己判断で疑問を疑問のまま残しておかないように注意しましょう。しかし会社によっては(それも若い人が多い職場は特に)同じことを2回以上質問することが出来ない環境もあるでしょう。そういう環境の場合は、メモを取る習慣を徹底するなりして対応しましょう。

関連記事

af9920044716l

円満退職の方法

 30代が転職のために会社を辞めるときには、円満退職できるように、事前に根回しをしておくことが不

記事を読む

gf1420124918l

内定を保留したい、辞退したい場合の対応

30代で転職活動を行う場合、一度に複数の企業にエントリーをかけるのがセオリーです。 そのため、

記事を読む

転職後を円満に過ごすために注意しておきたいこととは?

せめて表向きは協調路線で  転職活動者にとって“円満”という言葉

転職に必要になるかも?退職証明書とはどんな書類?

退職後に会社から受け取れる退職証明書  転職先が決まると、あるい

退職する時に有給休暇を取得できる可能性はどのくらい?

法律の観点から見る退職時の有給消化  働くことは、辞めることも含

面接のお礼状のマナーは?ポイントは?そもそも必要なの?

面接後のお礼状が必要な企業と不必要な企業の見極めを  転職を試み

転職先が内定した後、会社を辞められないなんてあるの?!

 退職を決意するまでは、“今の会社を辞めない”という選択肢も含めて、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑