*

面接官に好印象を抱いてもらうには?

公開日: : 最終更新日:2014/08/07 面接をクリアするために


 面接において一番重要なのは「最初と最後の5分間」のあなたの印象です。最初の印象が良くても、話していく内に印象が悪くなってしまう事もありますし、最初に躓いたとしても最後の5分で取り戻す事が出来れば、面接突破の可能性も高くなります。

「最初の5分の好印象」を決めるのは身だしなみ

 最初の5分は「見た目」で左右される事が多いのがポイント。だらしない服装をした人ときちんとした服装の人、どちらの印象が良いかは皆さんも分かると思います。身だしなみで気を付けてもらいたい項目を説明しますね。
・髪型
→明るいカラーやお洒落な髪型は、面接などの場では相応しくありません。髪色は黒かダークブラウンで、髪型は男性なら短髪、女性ならまとめ髪が良いでしょう。
・服装
→特別な事情が無い限りスーツで面接を受けます。スーツは毎回きちんとアイロンをかけ、シワやヨレ、汚れが無いようにしておきましょう。
・靴
→意外に見られています。汚れや傷が目立たないように、定期的に靴を磨いておきましょう。

「最後の5分」で巻き返すのに効果的なのが「明確なビジョンや目標」

 もし最初の5分での印象がイマイチだった場合、最後の5分で巻き返す事が出来れば面接突破の可能性も高くなります。最後まで諦めず、全力で面接に挑みましょう!

・最後の5分は「質問」で締めくくられる事が多い
→「何か質問や不明点はありますか」と言われる事が圧倒的に多い最後の5分。そこで「ありません」と答えてはNG!もし自分のやりたい事と企業の姿勢がほんの少しでも違っていた場合、そこを質問材料として挙げるのも一つの例です。この質問タイムは、面接官に自分を知ってもらう最後のチャンスでもあります。話を広げる為には何でも良いので、まずは話題となる話を面接中に瞬時に判断しておく判断能力も必要になってきます。

 ささいな疑問も不明点も、「こうだろう」と憶測で納得してはいけません。例え安易に想像できる事だったとしても、思わぬ相違点が隠れている事だってあるのです。また、多く質問があるという事は、面接官に「やる気」のアピールをする事が出来ます。「分からない事はしっかり調べ、きちんと解決できる人」との印象付けにもなりますから、最後の5分間はどんなささいな事でも積極的に質問するようにしましょう!

関連記事

af0100003309l

面接官は何を見ているのかを知る

 30代は転職市場でも人気の年代で、応募できる求人数も数多いです。  ですが、自分が良いと思う

記事を読む

no image

逆質問は必要?

何を質問するのがよいのか?    面接管が最初から質問を促してくることは、まずありません。しかし

記事を読む

af0100003811l

圧迫面接にあったときの対処法

30代で転職を決意したときには、圧迫面接を受けることも想定しておく方が無難です。 そこで今回は

記事を読む

2132131231

応募書類を頭に入れて面接に備える

履歴書対策      面接では、履歴書の学歴、免許・資格そして志望動機などを詳細に聞かれます。ま

記事を読む

面接のお礼状のマナーは?ポイントは?そもそも必要なの?

面接後のお礼状が必要な企業と不必要な企業の見極めを  転職を試みる時、多くの人は何社もの企業に

記事を読む

no image

短所と長所を上手にアピールしよう!

短所は意外と長所?      自分で自覚している長所・短所ですが、仕事の上で必ずしも一致するとは

記事を読む

転職後を円満に過ごすために注意しておきたいこととは?

せめて表向きは協調路線で  転職活動者にとって“円満”という言葉

転職に必要になるかも?退職証明書とはどんな書類?

退職後に会社から受け取れる退職証明書  転職先が決まると、あるい

退職する時に有給休暇を取得できる可能性はどのくらい?

法律の観点から見る退職時の有給消化  働くことは、辞めることも含

面接のお礼状のマナーは?ポイントは?そもそも必要なの?

面接後のお礼状が必要な企業と不必要な企業の見極めを  転職を試み

転職先が内定した後、会社を辞められないなんてあるの?!

 退職を決意するまでは、“今の会社を辞めない”という選択肢も含めて、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑