*

top_big

リクナビNEXTまずはここから!転職サイトの定番!
求人検索型
新着求人がメールで届くなど、効率的な活動ができる工夫がされている。利用・登録完全無料。


利用者のコメント
良かった
30代になり、本当にやりたい仕事を目指そう!と転職に踏み切りました。自分のペースで仕事探しが出来るし、時間をかけてじっくり探すと掘り出し物の求人も多くあります。私も時間をかけリクナビNEXTで求人を吟味し、無事やりたい仕事に就くことができました。ここの求人を利用してよかったです。
40代が目前に迫り、キャリアアップのために転職を決意。こちらの所有資格、キャリア、経験を活かせるものをとスカウト登録し、数社からスカウトメールを受け取ることもできた。有名な企業も多く、転職にも成功したので利用して良かったと思う。
転職成功ノウハウ、転職Q&Aなど、初めての転職で戸惑う自分にはたくさんの情報があるのがありがたいです。中途採用だからこそ気を付けたいことにも気づけたので、求人を探す以外の目的でも頻繁にリクナビNEXTのサイトを閲覧していこうと思います。
普通
スカウトの利用を目的に登録。多数の企業からオファーをいただくことができ、その結果転職できたのでかなり満足した。ただその分希望していない企業からのオファーも多く、そのあたりの制限があってもいいと思った。利用価値はあると思います。
大手企業の求人が多く、今後の事を考えると30代の転職としてはかなり魅力的です。実際に私も大手の面接を積極的に受けています。しかし更新されても毎週載っている企業もあるので、本当にこの企業は大丈夫か?自分で見極める必要があると感じました。


リクルートエージェントさらに効率を上げるならこちら
人材紹介型
業界でも随一の満足度を叩き出しているエージェントサービス。利用・登録完全無料。

利用者のコメント
良かった
リクルートエージェントを利用しようと思ったのは、面接力向上セミナーが使えると聞いていたからだ。それまで書類選考は通過し面接までは行けたが、どうしても上手く自分をアピールすることができず不採用ばかりだったがセミナーを受けてからは完ぺきとは言えないまでも、前よりは上手くアピールできるようになった。
同世代の担当者がとても親身になってくれて有りがたかった。1時間ほど面談していたが、自己分析では気づかなかった自分のプラスの面を発見でき、それまで以上にヤル気が出てきた。さすがはプロという感じか。
キャリアアドバイザーさんとの面談で、自分では考えもしなかった業界を勧められ、最初は戸惑ったがエントリーしてみた。企業面談まで進み、先方の人事担当者から話を聞いている内に前職で培ったキャリアを活かせることがわかり、だからキャリアアドバイザーが押してきたのかと理解できた。
普通
担当者に当たり外れがあると口コミ情報で知っていたが、自分の担当者はよくも悪くも普通といった感じの人だった。必要なことはちゃんとやってくれたし、こっちは無料で利用しているわけだからこんなモンかなって感じだった。
転職エージェントは3社に登録しましたが、リクルートエージェントから紹介される求人は優良企業が多く、最初はやっぱりリクルートだと感心していましたが、私の力不足か面接までこぎつけることは出来ませんでした。欲を言えばもう少しハードルが低い企業も紹介して欲しかったです。


ビズリーチ【ハイクラス転職
 ビスリーチは、ハイクラス、高収入の求人に特化した有料会員制の求人サイトです。利用者の登録はもちろん、求人を乗せる企業にも厳正な審査がなされるので、一定のレベルをクリアしたハイクラスの求人情報が集まっています。今までの職歴を活かし、ワンランクアップした転職を目指す30代から50代の方の利用者が特に多いです。


キャリアカーバー【高年収専門
エグゼクティブ層向け転職サイト。今までの経験を活かしてヘッドハンターと転職活動をします。エグゼクティブ向けとあって年収は800万を超える求人ばかり掲載されています。


マイナビエージェント【こちらも人気のエージェント
人材紹介型
いくつかの業界に特化したエージェントサービス。ITやメーカー業界を得意とする。利用・登録完全無料。

利用者のコメント
良かった
30代の転職で、マイナビエージェントを活用しようと思ったのは、毎月業界別の転職市場レポートが掲載されているからだ。30代がいかに売り手市場であっても、自分が希望する業界や職種が明確な場合、より求人数が多く、希望の転職を果たしやすい時期に活動するのが得策だと思う。これも、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントが、業界別専任制だからこそ。同業他社では得られない情報は、転職活動を有利にしてくれる。
テーマ別転職相談会が行われていてよかった。企業が単体で行うことも、ITや医療など分野に特化した内容もあり、転職活動を進めるにあたりとてもよい情報収集の場だと思います。求人票だけではわからない会社の雰囲気を採用担当者の方と話すことで知ることもでき、入社したいという意欲を高める場にもなると思うのです。自分のキャリアに悩んでいるならまず参加してみることをおすすめします。
普通
コンテンツが充実している。初めての転職と2回目以降で分けてあるので自分に合った情報を探しやすいと思う。求人の8割が非公開なのでキャリアコンサルタントに紹介された求人に自分が合っていると思って応募できるから、前向きに準備ができる。とはいえ、応募したすべての書類選考が通過するわけでもないので、内定を得るまでどのように進めたらよいかをもっと相談しなければと思う。


新卒から10年くらいは惰性や勢いで働いたものの、やっぱり違う仕事をしたいと思う人が大勢います。しかし今は新卒採用を勝ち取るのも難しい時代。ある程度年齢が進んでからの転職は、一筋縄ではいかないケースが多くなります。

しかしそれまで培ってきたスキルや経験を生かしてアピールすることができれば、有能な人材として歓迎されることでしょう。場合によっては、転職前と後とでほとんど同じ仕事をしているのに、会社が違うだけで大幅に年収アップできる可能性もあるのです。

転職支援サイトを利用して複数エントリー

働きながら応募し、面接し、採用に至るためには、やみくもに転職活動をすればいいわけではありません。一度や二度のエントリーで成功する可能性は低いものですから、何社も同時に応募し、並行して検討していく必要があります。

そこで便利なのが、複数の企業に一括応募できる転職支援サイトの活用です。

転職エージェントを利用してスケジュール調整

そして書類審査を通過すれば面接になりますが、他社へ出向くとなると交通費がかかりますし、何度も現在の仕事を休むことも難しいと思いますから、面接のスケジューリングも大事です。

一日のうちに候補となる複数の会社で面接を受けることができるよう日程調整したいものですが、これも転職エージェントに行なってもらうこともできます。休みの日などに集中して転職活動ができるのです。

人事担当が会いたいと思う履歴書作り


企業側も、わざわざ面接に出てきてもらおうと思う相手は慎重に選びます。交通費やもし遠方であれば宿泊費がかかることは分かっていますから、採用の可能性の高い人のみ来てもらおうと思うのです。それで書類選考を突破するのはハードルが高いと言えます。

30代となると、やる気や熱意よりも、経験した仕事内容を具体的なエピソードと共に伝えるのが良いでしょう。企業側は即戦力を求めているのか、管理能力を求めているのか、求められる人材像を把握して自己PRしましょう。

ここがポイント!

 ・転職支援サイトを使って複数エントリー
 ・面接日を集中させて、効率よく転職活動
 ・企業が求める人材を予想し、会いたいと思わせる履歴書を作成

仕事をしながらの転職活動は大変ですが、転職するなら30代のうちにしておきたいもの。ネットサービスをうまく利用して集中的に行ない、キャリアアップを目指しましょう。


公開日:
最終更新日:2016/06/29

転職後を円満に過ごすために注意しておきたいこととは?

せめて表向きは協調路線で  転職活動者にとって“円満”という言葉

転職に必要になるかも?退職証明書とはどんな書類?

退職後に会社から受け取れる退職証明書  転職先が決まると、あるい

退職する時に有給休暇を取得できる可能性はどのくらい?

法律の観点から見る退職時の有給消化  働くことは、辞めることも含

面接のお礼状のマナーは?ポイントは?そもそも必要なの?

面接後のお礼状が必要な企業と不必要な企業の見極めを  転職を試み

転職先が内定した後、会社を辞められないなんてあるの?!

 退職を決意するまでは、“今の会社を辞めない”という選択肢も含めて、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑